08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    ウェルグループスタッフ

    Author:ウェルグループスタッフ
    http://www.wellconsul.co.jp

    最新記事

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    福祉・ボランティア
    1471位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    介護
    398位
    アクセスランキングを見る>>

    最新コメント

    カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    いつまでも安心して地域で暮らせるように

    2015.08.20 22:31|介護

    ウェルグループのウェル医療介護大賞2015(事例検討会)で発表された
    各施設からのレポートを掲載していきます。

    全体テーマは『認知症との共生』です


    事例発表13 フレンド倶楽部学園前
    「いつまでも安心して地域で暮らせるように!」
    ~認知症予防対策の実施~

        
    フレンド倶楽部学園前は、
    小規模多機能型居宅介護施設として、
    平成23年12月下旬開所しました。

    地域密着型施設の役割は、
    通いを中心に宿泊や訪問、通院など複合型のサービスです。

    さらに、ご利用者様(ご家族様)のニーズに合わせて
    サービスの提供時間やご利用回数を、
    オーダーメイドで組めるなど柔軟な対応が出来、
    住み慣れた地域での生活を営むことができるメリットがあります。

    ご利用者様、ご家族様にとっても安心感が持て
    地域に密着した介護施設をめざしています。


    具体的には
    「認知症予防対策」として下記項目について、
    日々取り組んでいます。

    ●認知症にならない、またなりにくい
    規則正しい生活習慣を身につけて頂く。

    ●運動機能を維持するための各種機能訓練を実施。
    具体的には、つまずきや転倒予防、自立歩行できるよう、
    踏み台昇降、片足立ち、つま先立ち運動、指の血流運動など
    様々なリハビリ運動を提供。

    ●認知機能の維持強化、また認知症を遅らせるため、
    学習療法や多彩な脳トレーニングを毎日継続して実施。


    【活動の成果】
    右片麻痺だったKさんは、
    ご自分でお箸を持ち食事が出来るようになりました。

    頭痛、吐き気、意識喪失などがあるYさん。
    食欲もなくベッドで休まれることが多かったのが、
    最近では食欲もあり、
    居室で休むことなくリビングで過ごされています。


    【まとめ】      
    今後も、ご利用様の気持ちに寄り添いながら、
    しっかりコミュニケーションを取り、
    チーム一丸となって、
    ご利用様(ご家族様)個々のニーズに合わせた対応を
    地道に行っていきます。

       
    ご利用者様がいつまでも、
    その人らしく 
    そして住みなれた地域で安心して生活出来るように
    支援してまいります。



    以上

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:介護
    ジャンル:福祉・ボランティア

    タグ:資格取得 介護職員初任者研修 未経験OK 転職 介護士

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。