08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    ウェルグループスタッフ

    Author:ウェルグループスタッフ
    http://www.wellconsul.co.jp

    最新記事

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    福祉・ボランティア
    1471位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    介護
    398位
    アクセスランキングを見る>>

    最新コメント

    カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    認知症という個性との関わり

    2015.08.11 13:57|介護
    ウェルグループのウェル医療介護大賞2015(事例検討会)で発表された
    各施設からのレポートを掲載していきます。

    全体テーマは『認知症との共生』


    事例発表5 居宅介護支援事業所フレンド郡山ステーション
    居宅支援における「認知症」との共生
    ~認知症という個性との関わり~


    日本は2007年(平成19年)に超高齢社会となり、
    2013年時点での65歳以上の人口は約3200万人で
    総人口の25%(4人に1人)が高齢者となっている。

    認知症高齢者数もそれに伴い増え続けており、
    約470万人といわれている。

    他に予備軍といわれる軽度認知障害(MCI)の数も
    推計400万人と多数であり、
    予防を急ぐ動きが進んでいる。

    居宅支援を行う上で
    必然的に認知症の利用者様と関わるケースも多くなってくる訳だが、
    病気や症状としてとらえるのでは、ケアをする方もされる方も
    精神的な負担を感じる事が多いのではないか。

    実際のケースを例に認知症との関わり方について提案をする。

    【事例1】
    Aさん 女性 88歳

    夫を亡くされてから独り暮らしをされていたが、
    入院をきっかけに認知症の進行がみられた。
    退院と同時に娘宅で同居をされる事となった。
    デイサービスの利用をしながら活発に過ごしていきたいとの希望だったが、
    初めのうちは不安や戸惑いも多くみられ、
    周囲の負担も大きかった。

    家族様、デイサービスとも話し合いの機会を何度も持ち、
    色んな方法を試すうちに徐々に落ち着きがみられてきている。


    【事例2】
    Bさん 男性 77歳 

    4、5年前に奥様が亡くなられてからは独居。
    認知症状は軽度ではあるが、薬の管理など問題は多い。
    訪問介護や訪問看護、デイサービス等多くのサービスを利用されている。

    身寄りが無い為、今後の生活には不安も多く、
    頼りはサービスで関わってくれている事業所の職員さんとケアマネージャーだけである。


    【活動の成果】
    Aさんの事例に関しては
    デイサービスでの取り組みにより大きな成果があった。

    全体での決まり事を、本人様に合うように柔軟に変えていくことで
    安心が得られ、落ち着きにつながった。


    Bさんの事例では、
    残薬の処理や減薬など今まで何度も訴えはしていたが、
    本人様の思いが強く、上手くいかなかった。

    現在は訪問看護で服薬管理をしてもらいながら、
    体調の事など丁寧に話しを聞く事で、
    薬の事も自分から話していただけるようになった。


    【考察】
    事例より、認知症の関わりとは、
    バリデーション等でいわれる様に
    「ありのままにその人らしく接する」事が重要であるとわかる。
    「病気」として接するのではなく、
    いわば個性として関わりを持っていく事が健全な関わりの鍵となるのではないだろうか。


    以上


    バリデーション
    認知症高齢者介護法のひとつ。
    共感することを基本に、普通の人に理解できない行動などもすべて受容し、
    コミュニケーションをとろうとするもの。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:介護
    ジャンル:福祉・ボランティア

    タグ:資格取得 介護職員初任者研修 未経験OK 転職 介護士

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。