08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    ウェルグループスタッフ

    Author:ウェルグループスタッフ
    http://www.wellconsul.co.jp

    最新記事

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    福祉・ボランティア
    1471位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    介護
    398位
    アクセスランキングを見る>>

    最新コメント

    カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    心に残る、ある夜のできごと

    2015.07.26 13:58|介護
    ある夜勤での出来事です。

    利用者の皆様は、それぞれ夕食を済まされ、
    歯磨き後、自室へ入られました。

    フロアに残っているのはSさんひとり。

    Sさんは帰宅願望が人一倍強く、
    今夜もまた、
    「帰ります」
    「電話して下さい」
    と、繰り返し訴えながら、
    フロアを、車いすに乗ってウロウロされていらっしゃいました。

    私は、職員で統一している声かけである
    「大丈夫です、連絡していますよ」
    と、お答えしながら見守り、お相手していました。

    他の利用者様、全員が良い眠りに入られ
    フロアが静かになった頃でした。

    Sさんが私を手招きされました。
    お伺いすると、トイレに連れて行ってとのお願いでした。
    トイレに入り、便座に座っていただくと、
    ぽつりと一言、
    「犬はかわいい…」

    「えっ、なんで…!」
    私は大変驚きました。
    その当時の私は愛犬を失くしたばかりで、深い悲しみを抱えておりました。
    しかしながら業務中、そんな気持ちを出したつもりもなく、
    もちろんSさんは知るはずの無い事です。

    Sさんは「〇〇ちゃんに会いたい」と、
    昔飼っていた愛犬の名前を言いながら泣き出してしまわれました。
    私も一瞬、業務中である事を忘れて愛犬を思い出し、不覚にも涙してしまいました。
    「Sさん〇〇ちゃんの事ずっと覚えていたんですね」
    「そうです」
    と、お答えになりました。

    そんなやり取りの中、トイレを介助させて頂き、
    ベッドへ入って眠る事を受け入れて下さいました。

    そして居室へと向かう途中
    「Sさん、ご主人の名前聞かせて下さい」
    と、お願いしてみると
    「忘れましたぁ~、へへっ」
    と、笑って答えられたのです。
    久しぶりのSさんの笑顔でした。

    穏やかに入床され、眠りにつかれたのを確認し、
    フロアに戻りました。
    そして、記録をしながら私はふと思ったのです。

    もしかしたら介護されたのは私?
    否定せず傾聴して下さったのはSさん?

    トイレ内での会話を思い出すと、
    帰宅願望らしき言葉は一切ありませんでした。

    いろいろ考えさせられながらも無事に朝を迎え
    何だか癒された想いで業務を終えました。

    心に残る、ある夜の出来事でした。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:介護
    ジャンル:福祉・ボランティア

    タグ:介護職員初任者研修 未経験OK 資格取得 転職

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。