08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    ウェルグループスタッフ

    Author:ウェルグループスタッフ
    http://www.wellconsul.co.jp

    最新記事

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    福祉・ボランティア
    1471位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    介護
    398位
    アクセスランキングを見る>>

    最新コメント

    カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    関わりの大切さを教えられました①

    2015.07.21 17:56|介護
    ウェルグループでは、介護のプロがお世話をさせていただいております。
    しかしながら、「ひと」を相手にするお仕事です。
    それぞれの試行錯誤があり
    その分だけ、スタッフたちの想いがあります。
    みんなのココロの内を、ご紹介していきます。

    _____________________________________________________________________________________________________

    介護の仕事は、『人との関わりがすごく大切』だと教わってきました。
    現在も、それを信じて仕事をしています。
    今日は、私の活力源ともなっている、
    『この仕事をしていてよかった』
    『人との関わりを信じてよかった』
    と、実感した出来事をお伝えします。

    今から5~6年前、私がグループホームで勤務していた頃です。
    お元気で、足取りも確かな、冗談好きで明るいおばあさんがいらっしゃいました。
    美しいものがお好きで、お花や彩り豊かなお弁当をみると
    「きれいなぁ~」と、嬉しそうにされる方でした。

    ある日、その方が転倒・骨折されました。

    手術とリハビリも含め、入院は3ヶ月におよびました。

    お見舞いに伺うたびに、
    少しずつ表情が硬くなっていらっしゃるのが気がかりでした。

    退院の日、ご家族様と一緒に喜んでお迎えに行ってドキッっとしました。
    一目見て表情が違うのです。
    無表情にベッドに座り、足をぶらぶらさせていらっしゃいました。
    目に生気がなく、何もない空間を見つめて終始歯をカチカチカチカチ…。
    名前を呼んでもこちらを見ようとされず、目も合わない状態でした。
    一瞬、「何があったの?どうしたらいいだろう…」と不安になりました。

    ホームに帰ると、その方の変化には他の職員も驚きました。
    ですが、帰ってきて下さった事をまずは喜びました。

    _______________________________

    ②に続く
    関連記事
    スポンサーサイト

    タグ:転職 資格取得 未経験OK 介護職員初任者研修

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。