FC2ブログ
    06 | 2015/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    プロフィール

    ウェルグループスタッフ

    Author:ウェルグループスタッフ
    http://www.wellconsul.co.jp

    最新記事

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    福祉・ボランティア
    3183位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    介護
    803位
    アクセスランキングを見る>>

    最新コメント

    カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ウェル音楽祭実行委員

    2015.07.31 11:21|介護
    私は介護の仕事に携わって4年目になります。
    今まで様々な経験をさせて頂きましたが、
    その中でも、特にうれしくて感動したことを、紹介させて頂きます。

    それは、10月に行われたフレンド音楽祭です。
    私は実行委員として参加しました。
    今までは、ご利用者様と一緒に観客席で催し物をみて、楽しんでいるだけでした。
    今回は、『自分達が、どうやったらご利用者様達を楽しませることが出来るのか』と、
    真剣に考え話し合いました。
    これまでの音楽祭の反省点を皆で話しあった結果、
    『舞台と観客席にいるご利用者様とが、あまりひとつになれていないのでは?』
    という意見が多く、その反省点を活かした企画をしました。     
    実行委員会は仕事終わりや、休みの日にも行われました。
    音楽祭を大成功させる為、
    皆に喜んで頂きたいという一心で積極的に参加しました。
    その甲斐あって、たくさんの収穫を得ました。

    各施設から代表で選ばれた人たちに出会えたこと。
    企画の立案や討論をすることで様々な情報を交換できたこと。

    そしてなにより当日のこと。
    参加者全員で行える体操と手話を行ったのですが、
    舞台に出る前、緊張して
    『上手くいくかな?喜んでもらえるのかな?』
    など不安で一杯でした。
    でも、舞台に上がると、
    ご利用者様、ご家族様、スタッフの笑顔が見えたのです。
    その笑顔のおかげで、勇気がでました。
    あの瞬間が無ければ、失敗に終わっていたかもしれません。
    皆様のあの笑顔を一生忘れません。

    予定の持ち時間では少ない位で、
    もっと皆様と楽しい時間を共有していたかったです。

    音楽祭は毎年皆様が楽しみにされている行事であり、
    また、フレンド全グループ合同の集いとなります。

    私は異動して現在の職場にいますので、
    以前の職場で顔なじみのご利用者様と顔を合わすことが出来る貴重な機会となります。
    今までに関わったご利用者様の事は、いつも気になっているのですが、
    実際にお元気な姿や、満面の笑顔を直に見ることが出来ると、
    とてもうれしく、安心します。

    今後も、こういった機会に恵まれる事があれば、
    喜んで参加したいと思います。

    日常の仕事場でも、ご利用者様の生活の質向上を目指す為、
    コミュニケーションやレクリエーションを通して
    『自分には何が出来るのか』を見つけるという目標を持ち続け
    ステップアップしていきたいです。

    これからも、イベントや行事を通してご利用者様の笑顔を増やし、
    さらに絆を深めていこうと実感したできごとでした。
     
    スポンサーサイト

    テーマ:介護
    ジャンル:福祉・ボランティア

    タグ:介護職員初任者研修 未経験OK 資格取得 介護士

    機微にふれるケアを

    2015.07.30 14:09|介護
    きっかけは、
    先日新たにご入居されたF様が、
    ご家族様と行きつけの美容院で髪を染めなおされ
    若々しくホームに帰所されたことでした。

    皆で「若返ったね!」「素敵!」と盛り上がっていました。

    その時、普段からおしゃれが大好きなU様が
    「私も昔はよく染めてたわ…」
    と懐かしまれながらも、
    同時に切なさそうにも、少し悔しそうにも見え、
    一言では言い表せない
    いくつもの感情が見え隠れしていました。

    そこで、
    「染めてみましょうか?」
    と気軽に声をかけてみたところ
    「染めてみちゃおうかしら!」
    との返答が返ってきました。

    次の日、早速ご家族へ了解を頂き、
    白髪染めのヘアカラーを準備しました。
    念のための皮膚へのアレルギー反応を見るパッチテストも無事クリア。
    いよいよ毛染めスタートです。

    体調も良く、U様のお部屋で楽しくおしゃべりしながら、
    まるで二十代の頃を思い出しているかのようにわくわくとされていました。

    普段のU様はプライドが高く、負けず嫌いな性格。
    一方で昨年に脳梗塞を患われ、
    リハビリをされたものの、半身が少し不自由になられて
    最近は自信を無くされていました。

    少しでも若さや自信を取り戻してもらえれば…と願っていました。

    毛染めも洗髪のみを残し、あと三十分程で終わりというところまで来た頃、
    さすがにお疲れかと思い
    「休憩しましょう」と声をかけました。

    ところがU様は疲れどころかむしろ活き活きとした姿勢で
    腰もピンと伸ばし、凛とした表情で
    「全然大丈夫!」
    と、返答。
    驚きました。

    そして、最後の洗髪を終え、髪を乾かし、
    お気に入りのカチューシャをして皆の待つリビングへ。

    きれいに染まった髪に
    「若くなった!」「きれいになって!」
    との声が飛び交いました。

    うれしそうにされる中
    「いったん部屋へ戻る」
    と、おっしゃいました。
    さすがにお疲れが出たかなと再びお部屋までお送りしました。

    その後しばらくして、U様がリビングにもどってこられました。
    なんとご自身でお洋服を着替えて
    さらに、お化粧をばっちりされていました。
    普段は少し腰が曲がっているのですが
    背筋も伸ばし、笑顔で登場されました。

    脳梗塞を患い、自信なくされてしまっていたU様。
    そんなU様が笑顔を取り戻され、
    活き活きとされ前向きな気持ちになられているのが
    その表情や姿勢で伝わってきました。

    ひとつの出来事や、たった一言から入居されている方への
    笑顔や元気につながっていく事を改めて感じさせられ、
    また、願いや希望がかなった時の「感動」は
    ご入居者や介護職員で共有していける
    かけがえのないものだと再確認が出来ました。

    そんなU様はその後、季節の遠足を楽しみに毎日を過ごされています。

    テーマ:介護
    ジャンル:福祉・ボランティア

    タグ:介護士 転職 資格取得 未経験OK 介護職員初任者研修

    旅行しながらダイエット?

    2015.07.29 11:59|情報
    先日テレビで、
    「40代女性で筋肉量22%以下の人は、『寝たきりにまっしぐら』」とやっていました。

    ちなみに私の筋肉量は24%です…。
    カウントダウンじゃないですか

    若い頃に比べて、代謝がガクンと落ちたのを実感する今日この頃。
    擦り傷が、なかなか治りません。(苦笑)
    代謝を上げるには筋トレ!ですが、私は筋トレが嫌いです。腹筋運動もできません。
    でも、寝たきりはいやなので、
    某アーティストのダンスエクササイズDVDを購入して頑張っています

    というのも、
    実は先日、ウェルコンサルで主催している
    宿泊型新保健指導プログラム『スマートライフステイ』
    参加してきました!

    (クリックで拡大)
    SLS

    SLS2

    観光や名物料理を楽しみながら
    保健師さん、管理栄養士さん、理学療法士さん等の各専門家から
    栄養指導や運動指導が受けられるとあって
    ワクワクしての参加です。(←絶対観光メインでしょ)

    講義や実技を受け、食事もその講義に基づいて食べ
    あっという間の1泊2日でした。

    淡路島に行ったのは初めてだった私。
    「明石海峡大橋って、こんなに綺麗なんだー
    「淡路島って意外と大きいんだー
    「鳴門の渦潮すごーい
    と、観光も満喫。

    会社の先輩方と一緒に参加したので、
    戻ってきてからもお互いに
    「ちゃんとやってる?」との声を掛け合え、励みになっています。

    必達目標として掲げた体重まで、あと…
    楽しく減量の日々を過ごしております。


    そんな宿泊型新保健指導プログラム
    「スマート ライフ ステイ」への
    参加者を募集しております。

    厚労省の試行事業でして、奈良県内での認可は弊社のみです。
    旅行しながら健康づくり!このチャンスをご活用ください。
    定員10名。

    先着順です。
    現在、若干の空席あり。
    お申し込みはお早めに!

    宿泊型新保健指導プログラム スマート ライフ ステイ
    実施日:
    8月18日~20日(2泊3日・5食付き) 
    宿泊先:ウェル五色浜リゾートセンター
    (兵庫県洲本市五色町鳥飼浦725)
    参加対象者:健診等で血糖値が高めと判断された方(ご参加には、健診結果が必要です)
    参加料金:
    10,000円(通常30,000円相当)
    ※国の試行事業のため、補助金がでています。

    詳細はコチラ
    http://www.wellconsul.co.jp/main/pdf/sls.pdf

    ☆∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴☆

    【お申し込み・お問い合わせ】
    ウェルコンサル株式会社
    電話 0120-500-568/FAX 0743-55-0120

    テーマ:美容・健康・アンチエイジング
    ジャンル:ヘルス・ダイエット

    タグ:健康 減量 肥満予防 ダイエット

    私のモットー

    2015.07.28 13:16|介護
    私がこの業界に入ったのは、62歳の時でした。
    お世話するに当たり、私の利用者さんに対するモットーは

    “人生の先輩として啓意を払う”
    “敬語を使う。ため口は使わない。
    いつも優しい気持ち、同じ口調で利用者さんを思いやる。” です。

    この基本を通して来ました。

    この優しい心遣いは、亡くなった母から学びました。
    母は、かかりつけのドクターの診察がいいと言っていました。
    母に、「何故あのドクターがいいの?」と聞くと
    「あの先生は、優しいから好き」
    と、言いました。
    年を取っても、
    自分にとっていつも親切で優しいのが一番いいのだと感じました。

    もうひとつ、私が心掛けている事は
    楽しい話題を提供し、一回でも多く笑っていただく事です。

    そして八年が経過しました。

    毎月同じシフトで仕事をしていませんので、
    久し振りにお逢いする利用者さんもいらっしゃいます。

    朝お迎えすると

    「いやぁ~、今日は来てはるの。良かった嬉しい」

    と言って下さる方が、
    一人二人三人と増えて来ているのが、私の最高の喜びです。

    これらのモットーは、一回でも怠ると、
    一度に信頼関係は無くなり、元に修復するのは困難です。

    「あ~今日も来て良かった」

    と、お一人でも多くの方が言っていただけるようこれからも続けます。

    (菜の花デイサービス Y.Kさん)

    テーマ:介護
    ジャンル:福祉・ボランティア

    タグ:介護職員初任者研修 未経験OK 資格取得 転職

    みんな一緒

    2015.07.27 14:28|介護
    介護士をはじめて1か月の頃。

    前の月まで、専業主婦でぼんやりしていたオバちゃんの私は、
    施設内で走り回っていました。

    備品を一つ探すのも、一体どこにあるのかわからず、行ったり来たり。
    利用者さんにも、
    「あんた、ちゃんと休憩してるんかぁ?ずっと動いてるやろぉ?」
    と、ご心配をお掛けするような状態でした。

    「大丈夫です。ちゃんとご飯も食べましたよ。有難うございます」
    と、お返事し、

    (安心して暮らしていただく為に私が居てるのに、逆に心配かけてどないすんねん。)

    と、心の中で呟きながら、相も変わらずバタバタ。

    どれだけ、この施設内で安心して楽しんでいただけるだろう。
    平穏な日常を送っていただけるだろう。
    考えれば考える程、
    知恵にも技術にも乏しい新米介護士の私は、
    不安になるばかり。

    (こんな事で続けていけるのだろうか)

    と、思いながら日々過ごしていた、ある日の入浴介助時のこと。

    浴室は滑りやすいし、皆様、裸の状態。
    普通以上に危険がいっぱいで、注意が必要な場所です。

    (しっかり注意して利用者様が転んだり滑ったりしないように)

    と、何度もつぶやきながら介助をしておりました。

    浴槽からは2人の女性利用者様の声が聞こえてきます。

    「ちょうどいいお湯やなぁ」
    「ほんまやなぁ、気持ちいいなぁ。かぼちゃ食べたらおでこの皮、つるつるになるらしいで」
    「へえ、ほんならいっぱい食べなアカンなぁ」

    (お湯加減も良さそうで、気持ち良さそう)

    そう思い、新しいタオルを取りに行こうと思った瞬間、
    不覚にも足があがらず、何も無い所で躓きそうになりました。

    (介護士がコケそうになってどうすんねん)

    と、自分にツッコミながら、
    そうっと湯船につかっていた女性利用者様の方を見て、
    「見てましたぁ?」と伺うと

    「うんうん。大丈夫かぁ?みんな一緒やなぁ。みんな一緒。大丈夫。大丈夫」
    と、お二人ともにっこり微笑んでくださいました。

    今まで、
    「何かしなくては」
    と、意気込んでいた気持ちが、
    フッと軽くなったような気がしました。

    その一言の励ましのおかげで、
    現在まで何とか介護士を続けられております。

    たった1年半、まだまだ未熟な私ですが、
    人生の大先輩である利用者様方に支えられて、
    本日も頑張ります。

    テーマ:介護
    ジャンル:福祉・ボランティア

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。